体型は普段の生活習慣のアウトプット(勝間和代)

f:id:motoshidaa:20170910135723j:image
黄色戦隊キレンジャーのみっちーです(笑)

これは30代後半の写真です。この頃から武藤のポーズやってました。
(プライバシーの保護により後ろの人はぼやかしてあります)

それにしても腹がすごい!!!(笑)

 

この腹になったのには原因がある

 

結果には必ず原因があるとよくいいます。そして、それがその通りだということは誰もが経験済みではないでしょうか。

私の場合、

◯夏休みにずーっと遊んでいたせいで、8月31日にたまった宿題をやるはめになった。

◯ふだん勉強しないせいで、定期テスト前に一夜漬けで勉強したが全く間に合わなかった。

◯たった一言の嫌味で友人と険悪なムードになった。

◯仕事のミスを隠しておいたら、上司にバレて大目玉をくらった。

などといった経験があります。
(もちろんこれは一部です)

悪い結果にはそうなる原因が必ずあるのです。

そして、もちろん、このお腹にも原因があります。だいたい、こんなお腹になったのは20代後半から30代前半。

塾の先生をやってたときですが、仕事が終わるのがだいたい夜中の12時。もちろんこれより遅いときもたくさんありました。

 

仕事が終わったあと、夜おそくだというのに外食したりコンビニ弁当を食べていました。若いからカロリーのことなど気にしません。

 

30歳過ぎて自分の部下ができるようになると、毎日のように部下を引き連れてファミレスでごはんを食べていました。

(この頃の私は「飲む」より「食う」だったのです)

 

朝ごはんもしっかりコンビニ弁当を食べていました。

 

そうしたら、みるみるうちに体重が増えていき、もうすぐ90kgというところまでいってしまったのです。

 

当たり前ですよね、こんな生活をしていたら体重が増えるのは当然です。結果には必ず原因があるのだから。

 

 

次第に体重は減っていった・・・

 

30代後半になって、そこまで無茶な食べ方をしなくなったので、しだいに体重が減ってきました。その頃の写真が冒頭のものです。
(それでも腹がすごいですけどね笑)

ただ、70~75kgのあたりを行ったり来たりで、それ以上は体重が減ることがありませんでした。

 

そこで、ある時ウォーキングを始めました。

 

ウォーキングを始めるにあたって、自分で心かけたことがいくつかあります。

①無理をしないこと

②食事の量を減らす

③ウォーキング以外に腹筋もやる

この3点です。

無理してやったって長続きするわけがないので、あまり難しいことはやめました。1日に20分以上真剣に歩くだけです。ただし、たらたら歩いていても有酸素運動にはならないので、少し早歩きすることを心がけました。

 

食事は夕食だけ質素にすることにしました。野菜とヨーグルトというメニューです。

 

晩ご飯くらいしっかり食べなよという意見もありますが、一人で晩ごはん食べてもあまりおいしく感じないので、これでいいやって感じです。

 

腹筋は仕事がある日だけやっていました。
(現在はサボっています)

 

たったこれだけですが、効果が出ました

 

 

体型は普段の生活習慣のアウトプット

 

それで思い出したのですが、勝間和代さんが以前こんなことを書いていました。

 

私たちの体型は普段の生活習慣のアウトプットであり、習慣そのものをコントロールしなければ、変わりようがない

( 『高学歴でも失敗する人、学歴なしでも成功する人』より)

 

「体型は普段の生活習慣のアウトプット」です。つまり太る原因は普段の生活習慣にあるわけです。

 

自分の体型を見ていると、普段の生活習慣がよくわかるということですね。気をつけなきゃ!

 

 

まだブヨブヨですが・・・

 

ということで、脱中年体型を目指しているみっちーなんですが、まだブヨブヨなお腹の持ち主です。でも、少しずつ体重が減っているので、このブヨブヨお腹ともおさらばできる日が近いのだと思います。

 

それにしても「体型は普段の生活習慣のアウトプット」ということばは忘れないようにしなくてはいけませんね!

 

忘れちゃうと、普段の生活が体型に出てきちゃいますよー

 

ほぉーほぉほぉほぉ・・・

(喪黒福造風)