映画「スター・ウォーズ 最後のジェダイ」のオールドファンが落胆している

 f:id:motoshidaa:20171219141449j:image

スターウォーズ 最後のジェダイ

監督:ライアン・ジョンソン

出演:デイジー・リドリー、アダム・ドライバー、ジョン・ボイエガキャリー・フィッシャーマーク・ハミル

 

☆☆☆

 

観てきました。「スターウォーズ エピソード8」。

 

前作「フォースの覚醒」から、長かったようなあっという間だったような・・・。

 

ちまたの噂で、「ルークがダースベイダーになる」というネタバレを聞いてしまい、「まじかよー」と思ったが、ガセネタでした。

 

では、さっそく、この映画の感想を書いていくことにしてみます。

 

 

スター・ウォーズ 最後のジェダイ」の評価

 

各サイト評価は以下の通りです(2017年12月18日現在)。

 

映画.com 3.6

eiga.com

 

Yahoo!映画 3.8

movies.yahoo.co.jp

 

 

フィルマークス 4.1

filmarks.com

 

思いの他、評価は高くないようです。レビューを見てみると、けっこう☆1つという人も多く、多くの人の落胆が見られました。

 

特に昔からのスター・ウォーズファンにとって、がっかり感が高い作品だったようです。

 

ただし、フィルマークスだけ4.1という高評価。

 

フィルマークスは、この3つのサイトの中では一番レビュー数が多く、映画ファンが利用しているものだと言えるので、私個人としては信頼しているサイトです。

 

映画comには酷評が多いのですが、まあ、コアなファンってことですかね。でも、映画ファンなら新しい部分を認めてもいいんじゃないかな。

 

そんなふうに、個人的には思います。

 

 

スター・ウォーズ 最後のジェダイのあらすじ

 

この作品は、前作「フォースの覚醒」直後から始まります。

 

ルークにライトセーバーを差し出すレイ。彼女をじっと見つめるルーク→つづく

 

って感じです。

 

さて、「最後のジェダイ」がはじまり、その後どうなったか。

 

実は、レイが思っていたような、伝説のジェダイ的な反応をルークはしなかったのです。

 

そして、師匠が必要なレイに対して、ルークはほとんど指導しないし、真実も語りません。

 

そのうち、徐々に真実がわかってきます。

 

カイロ・レンはなぜダークサイドに落ちていったのか、そしてカイロ・レイとレンの2人はその後どうなるのか・・・。

 

さらに、劣勢に立たされているレジスタンスに勝機はあるのか。

 

そして、最後のジェダイとはなんなのか。

 

そういったことがこの映画には描かれています。

 

 

スター・ウォーズ 最後のジェダイ」の感想(ネタバレあり)

 

この作品は、「評価」のところで述べたように、昔からのファンにとってはあまり評価のよくない作品です。

 

それは、ストーリーの整合性の問題であったり、フォースの取り扱い方が雑であったりというところでしょう。

 

おそらくオールドファンは、この「スター・ウォーズ」は昔とはちがうと言うだろうし、「これをおもしろいという人は、本物のスター・ウォーズを知らない人だ」と言うでしょう。

 

が、仮にそうであっても、私は「スター・ウォーズ 最後のジェダイ」を十分に楽しめました。

 

だいたい、ストーリーがめちゃめちゃって言ったって、映画ってだいたいそうでしょ。実際にはあり得ないことばかりなんだから、今さらそんなこと言ってもねぇ・・・。

 

目の前で起きてるストーリーを楽しめばいいのです。

 

さて、前半はかったるかったですね。ルークのあの情けない姿は、はっきり言って見たくなかった。なんとも弱々しかったし。

 

後半で、意外にもヨーダが出て、自分のやるべきことを発見。やっと本来のルークらしくなりました。

 

そして、ルークのもとを離れたレイ。カイロ・レンのところに行きました。彼にはまだ葛藤が見えるのです。さて、2人は手を組むのか・・・、ってとこで予想外のことが起きましたね。ここで2人は決別。新たな戦いに期待です。

 

そして、最後にルーク登場。すごく集中砲火されたのにも関わらず生きている無敵ルーク。最後はカイロ・レンがライト・セーバーで切ったはずなのに、それでも死なない・・・。

 

実は、こえいうわけだったのかとなるのですが、結局ルークは使命をしっかり果たしました。

 

ずーっと劣勢だったレジスタンスがうまく逃げて話は終わり。次回の挽回を期待したいところです。

 

そして、カイロ・レン対レイの戦いはどうなるのか、気になりますね。

 

 

まとめ

 

スター・ウォーズはやっぱりおもしろかった。映画好きにはスター・ウォーズはたまらないごちそうですよね。

 

英語も素晴らしいし、最高です!

 

2年後のエピソード9も、かなり楽しみですね。