おもしろかった、感動した映画ベスト10 2017年版!

2017年は私にとって、映画の鑑賞方法が変わった1年でした。これまでは、ちまたで話題になっている大スターが出るような映画ばかり観ていたのです。

 

ところが、この年は有名であろうとなかろうと自分で観たい映画を探して、観に行くというスタイルになっていきました。

 

映画ファンとしてはまだまだ未熟な私なんですが、せっかくなので、私なりにおもしろかった映画を10作品選んでみました。もちろん、好みは人それぞれなので、私にとっておもしろい映画が、誰かにとっておもしろいとは限りません。

 

ただ、今まで映画をそれほどたくさん観てない人にも参考になったらいいなと思います。

 

 

まずは10位から6位まで一気に発表!

 

 

10位 ブレードランナー2049 

www.bladerunner2049.jp

監督:ドゥニ・ヴィルヌーヴ 主演:ライアン・ゴズリング

 

この映画の世界観がすごかった。すごい発想のストーリー、そして時代背景。かなり作品の中にのめり込んでしまった。それに加えて大音量の音楽。もうこれだけでヤラれたって感じ。

 

さらに、ライアン・ゴズリングレプリカントとしての演技がすばらしかった。なんで感情を表さない演技をしているのに、感情が伝わってくるのー???

 

ライアン・ゴズリングにかなりしびれた。

 

ついでにというわけではないですが、アナ・デ・アルマスがめっちゃかわいかった。一発でファンになっちゃいました。

 

  

9位 ラ・ラ・ランド

gaga.ne.jp

監督:デイミアン・チャゼル 主演:ライアン・ゴズリングエマ・ストーン

 

またもや、ライアン・ゴズリングですが、この映画、オープニングからやられちゃった。ミュージカル映画なので音楽がとてもよい。踊りも楽しそう。

 

ストーリーは、女優を目指すミア(エマ・ストーン)と自分でジャズのお店を持ちたいセバスチャン(ライアン・ゴズリング)の2人が、恋に落ち、そしてお互いの夢に向かっていくというやつ。

 

結末は、私の予想とはちがう方向に行ってしまったのだが、結末への流れ、そしてお互いの表情、これがなんとも言えなかった。

 

本当に、この映画は傑作と言っていいでしょう。

 

 

8位 ノクターナル・アニマルズ 

www.nocturnalanimals.jp

監督:トム・フォード 主演:エイミー・アダムス

 

インパクトのある映画。そして、最初から最後までドキドキしっぱなしだった。

 

ストーリーは、20年前に離婚した夫から、彼自身が書いた小説が送られてきて、その内容がとても衝撃的だったというもの。

 

小説を読んでいる現在の主人公の時間、小説の中身(登場人物は主人公とその家族)の時間、それぞれの時系列が進んでいくわけだが、小説の暴力的な内容にドキドキし、それを読んでいる主人公の様子にハラハラしてしまった。

 

全体的にとてもよくできた作品で、もう一度観てみたい作品。

 

 

7位 女神の見えざる手 

miss-sloane.jp

監督:ジョン・マッデン 主演:ジェシカ・チャスティン

 

天才的なロビイスト、エリザベス・スローンが活躍する話。勝つためなら手段を選ばないその仕事ぶり、敵味方を問わず目的のためなら欺いてみせるその方法が、ものすごかった。

 

これどうなっちゃうの?

わー、どうなる?

え、やばいじゃん。なんだってー???

すげー!!!

 

って感じで、とにかくストーリーにのめり込んでしまった。

 

スローンの強さ、そして頭脳、勝利への執念はとてもあこがれてしまうところです。とにかくすごくおもしろかった。

 

 

6位 ハイジ アルプスの物語

heidimovie.jp

監督:アラン・グスポーナー 主演:アヌーク・シュテフェン

 

あの有名な「アルプスの少女ハイジ」の実写版。テレビで見たあの感じの物語がリアルな映像となって登場。

 

あの「クララが立った」というシーンもあり、思わず感動してしまう。

 

アニメ版とのちがいは、実写のほうがハイジやクララがかわいいこと。そして映像がすごくきれいなこと。それだけでも見た価値があった。

 

とくに、アルプスの大自然は必見。

 

この映画、本当に観てよかった。

 

 

つづいて5位と4位を!

 

 

5位 ハクソー・リッジ

hacksawridge.jp

監督:メル・ギブソン 主演: アンドリュー・ガーフィールド

 

私があまり得意としていない戦争もの。舞台は沖縄だが、この映画はアメリカの映画なので、もちろんアメリカ視点で描かれている。

 

国のために戦争に行くことを志願したのだが、宗教上の理由で人を殺さないで戦地に乗り込む男の話。

 

訓練中に、人を殺さないでどうやって戦場に行くのかとみんなから暴行されるものの、それでも自分の信念を曲げない主人公はすごかった。

 

戦場では、武器も持たず、ただ走り回り大勢の人を助けた。その様子が圧巻。そして感動。

 

涙なしでは観ることができない作品だ。

 

 

4位 ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス

marvel.disney.co.jp

監督:ジェームズ・ガン 主演:クリス・プラット

 

おなじみアベンジャーズシリーズのひとつ。ただし、今のところ他のアベンジャーズとの絡みはない。

 

この作品はガーディアンズ・オブ・ギャラクシーシリーズの2作目だが、1作目に負けず劣らずおもしろかった。むしろ笑ったシーンはこちらのほうが多かったと言える。

 

クリス・プラットのキャラクターのよさは言うまでもないが、今回はベビーグルートがとてもかわいくて、しかもいい味を出していた。

 

また、あらいぐまのロケットもあいかわらずおもしろかったし、なんといってもバティスタ演じるドラックスが完全にお笑い要因になっていた。

 

なお、ガモーラはあいかわらずかっこいい!

 

アベンジャーズシリーズの中では一番好きだ。

 

 

いよいよベスト3!!!

 

 

3位 美女と野獣

www.disney.co.jp

監督:ビル・コンドン 主演:エマ・ワトソン

 

ディズニーの不朽の名作「美女と野獣」。ディズニーだけあって、ストーリーは王道。

 

それにしても、この作品は泣けた。

 

ストーリーは、呪いで野獣に変えられてしまった王子が、バラの花びらがすべて散る前に「真実の愛」を見つけなければ人間に戻れなくなってしまうというもの。

 

野獣だけでなく、お城で時計や燭台に変えられてしまった人も人間にもどれなくなるわけだが、時間切れでだんだんしゃべれなくなるときの様子がものすごくせつなかった。

 

最後はハッピーエンドとなるわけだが、最初から最後まで、ベルと野獣から目が離せない作品だ。

 

名作は本当にいいなぁと改めて思う。

 

 

2位 きっと、いい日が待っている 

www.kittoiihigamatteiru.ayapro.ne.jp

監督:イェスパ・W・ネルスン 主演: ハーラル・カイサー・ヘアマン、アルバト・ルズベク・リンハート

 

この映画はあまり多くの映画館で上映されていなかったようだが、デンマークアカデミー賞で作品賞やオリジナル脚本賞を含む6部門を受賞している名作。

 

1967年、デンマークコペンハーゲンの少年養育施設で子どもに対する暴力が行われていた。その実話をもとに作られた作品。

 

施設の中のできごとが本当にひどい。日常で子どもに対する虐待が行われている。そして校長から指示があったら生徒はおろか先生も逆らえないし、政府から査察に来てもそういったいじめは隠蔽されていた。

 

そんな中、一度はそこに順応するが耐えられなくなった兄弟がある行動を起こす。

 

この映画は、もう見ていられないくらいひどい部分があって、主人公の男の子が幸せになるように本気で思ってしまった。

 

みんなにも一度観てほしい作品だ。

 

 

1位 Ryuichi Sakamoto:CODA 

ryuichisakamoto-coda.com

監督:スティーブン・ノムラ・シブル 出演:坂本龍一

 

世界的に有名な音楽家、坂本龍一ドキュメンタリー映画。2012年から5年間の様子が映像として紹介される。

 

はっきり言って、すごすぎた。

 

坂本龍一という人はもちろん知っているし、曲も聴いたことはある。でも、そんなに彼のことを深くは知らなかった。

 

しかし、映画を観て、彼の音に対する思いというか執念みたいなものを痛烈に感じた。

 

坂本龍一は、世界をまわり、いろんな音を蒐集する。音と言っても、楽器で奏でられる音だけではない。森の音、雨の音、水の音、この世のありとあらゆる美しい音を発見していく。

 

天才であり、努力家である坂本龍一が、なぜ世界の坂本と言われているのか、この作品を観ると納得する。

 

ほんとにすごかった。

 

 

最後に

 

2017年に私が観た映画で、おもしろかったあるいは興味深かったものに順位をつけてご紹介しました。

 

映画の好みというものを人それぞれであり、自分にとっておもしろかったものが、他人にとってはそうではないかもしれません。だから、この順番はあくまでも私個人の趣味であります。

 

また、1年でこんなに映画を観たのは初めてだったのですが、たくさん観たからこそ、いい映画に出会えたのだろうと思います。

 

2018年も映画をたくさん観て、いい映画に出会いたいです!