2018年お花見【六義園編】 ライトアップされた夜桜がとても鮮やかだった

f:id:motoshidaa:20180324234005j:image

本日(2018年3月24日)は目黒川に引き続いて、人生初の六義園に!

 

ちなみに六義園とはWikipediaにこう書いてあります。

六義園は、徳川五代将軍・徳川綱吉側用人柳沢吉保が、自らの下屋敷として造営した大名庭園である。1695年(元禄8年)に加賀藩の旧下屋敷跡地を綱吉から拝領した柳沢は、約2万7千坪の平坦な土地に土を盛って丘を築き、千川上水を引いて池を掘り、7年の歳月をかけて起伏のある景観をもつ回遊式築山泉水庭園を現出させた。

六義園 - Wikipediaより)

 

江戸時代の徳川綱吉の時代につくられた庭園だなんて、ずいぶん歴史のあるところなんですねぇ。

 

ちなみに、入り口にはいる前にものすごい列が伸びていました。

 

f:id:motoshidaa:20180325095902j:image

画像ではわかりづらいかもしれませんが、これけっこう伸びてるんですよ。

 

さすが桜の名所。入るのもひと苦労です。

 

しばらく待って、やっと入ることができました。

 

f:id:motoshidaa:20180324234016j:image

入場料は300円。ちなみにふだんは9:00~17:00までなのですが、夜桜が楽しめるライトアップ期間だけは21:00まで開いています。

 

 

f:id:motoshidaa:20180324234048j:image

まず目指すのは地図上左側にある「大きなしだれ桜」、そのあと、地図上右上にある「大きなしだれ桜Ⅱ」に向かいます。

 

最初に向かう「大きなしだれ桜」は高さ15m、幅20mもあるそうです。

さあ、レッツゴー!

 

f:id:motoshidaa:20180324234104j:image

途中、ライトアップされたお花がありましたが、これもきれいですね!

 

 

f:id:motoshidaa:20180324234122j:image

お!竹林だ!!!

風情があるなぁ。

 

そして、ここからちょっと向かったところにありました。大きな桜が!

 

 

f:id:motoshidaa:20180325005037j:image

でかいなぁ(゚∀゚)

 

 

f:id:motoshidaa:20180325005053j:image

別の角度からも

 

 

f:id:motoshidaa:20180325005106j:image

これはLINE cameraで加工した桜画像

かわいくなりました。

 

f:id:motoshidaa:20180325005119j:image

しだれ桜に近寄ってみました。

 

 

f:id:motoshidaa:20180325005143j:image

アップで!

 

いやぁ、すごいですねぇ。明るいときにも見たくなってしまいました。

 

さて、もうひとつの桜も見に行ってみよう。

 

途中大きな池があり、向こうのほうに島がありました。「妹山・背山」というそうです。

 

f:id:motoshidaa:20180325005224j:image

うぉぉぉぉー、しゅごい・・・

 

 

f:id:motoshidaa:20180325005239j:image

さらに進んでいくと、こんなところもありました。これもすごい景色だ!

 

そうして、最後の目的地「大きなしだれ桜Ⅱ」が見えてきました。

 

 

f:id:motoshidaa:20180325005250j:image

こちらは高さ13m。でも、もっと大きく見えるなぁ。

 

 

f:id:motoshidaa:20180325005309j:image

あ!色が変わった!!

 

 

f:id:motoshidaa:20180325005326j:image

さらに!!!

 

 

f:id:motoshidaa:20180325005335j:image

今度は真っ青だ!!!

 

なんとも幻想的な気分になりました。

 

お昼の六義園も見てみたいのですが、このライトアップされた桜を見ることができる夜の六義園もすごくよかったです。

 

かなり見どころも多かった。

 

ぜひ、来年も来てみたいところだーーー。 

 

以上、六義園のお花見報告を終わります。