人生にはライフが1個しかないから大切に! ~ジュマンジ ウェルカム・トゥ・ジャングル~

f:id:motoshidaa:20180416100318j:image

ウェルカム トゥー ジュマンジ!!!

 

てなわけで、ジュマンジを観てきたわけですが、この話は登場人物の高校生4人がゲームの世界に吸い込まれてしまうという設定。

 

気がついたらそこはジャングルの中。ゲームの案内役から、宝石をある地点にあるジャガー像の中に埋め込めばゲーム終了と聞かされる。

 

4人はジャングルの中、さまざまな危険に立ち向かい目的地へ向かうのであった・・・。

 

詳しい内容は公式ホームページをご覧ください↓↓↓

www.jumanji.jp

 

☆☆☆

 

印象に残ったのは

 

現実ではライフは一つ

 

というセリフ。

 

実はこのジュマンジ、3回死んだら終わりというルールがあります。だから2回までは死んでも生き返るわけですね。

 

このルールはゲームの世界では当たり前で、はるか昔にやったインベーダーゲームも何回か撃たれても大丈夫だったし、スーパーマリオだってノコノコにやられても、また復活できます。

 

2回死ぬことができる、所詮ゲームですからね。

 

でも、現実世界は、死は1人1回です。命の数はすべての人に平等に1つだけ与えられています。

 

当たり前のことなんですけど、人生は一度限り。その人生をどう生きるかは自分次第です。

 

そう考えると、今からでもおそくない。もっと真剣に生きていかなければなぁという気になります。

 

もう一つ印象に残ったことは

 

人には得意なことがある

 

ということ。

 

ジュマンジというゲームはそれぞれのキャラに特技があります。

 

例えば、主人公スペンサーは「キメ顔」だったり「ブーメラン」だったりします。

 

また、紅一点(ゲーム内で)のマーサには空手や太極拳の他にダンス・ファイティングという得意技があります。

 

そんなふうにみんな得意な分野があります。

 

もちろん弱点もあったりします。

 

それぞれが、自分の得意技を発揮して、前に進んでいきます。

 

 

実は、これって現実世界でも同じなんですよね。

 

人間には得手不得手があり、すべてをこなすスーパーマンというのはめったにいません。そして、いろんな部分を伸ばそうとしても中途半端になってしまいます。

 

結果、なんもおもしろみもない、強みもない人間のできあがり・・・みたいになるわけです。

 

そうではなく、自分の強みを活かし、自分のやりたいことと強みをマッチさせて生きていくのがいいんではないかと思いました。

 

また、チームに属している場合はお互いに強みを活かしてやるべきことをやり、弱点はカバーし合えばいいですよね。

 

そんな生き方が大事。

 

もっと自分の得意技を磨いていかなければいけないなぁ。

 

☆☆☆

 

人生はロールプレイングゲームのようなもの。ただしライフは1つです。

 

いいこともあるけど、つらいこともある。

 

いろんなことをおぼえて成長しなければいけないし、何かと戦わなければいけないこともある。

 

いろいろ乗り越えて、1回しかない人生を、よりよく生きていきたいものです。

 

映画「ジュマンジ」を観て、そんなことを感じました!