愛を求めるならば、まずは相手の心を満たすべきだ ~「ラブレス」の感想~

f:id:motoshidaa:20180425181757j:image

ロシア映画「ラブレス」

 

これがまた、心に残った。

 

登場人物は離婚間近の夫婦で、夫のボリスと妻のジェーニャ。いつも喧嘩ばかり。

 

ある日、子どもはどちらが引き取るかで口論になる。双方、すでに決まったパートナーがいるため、子どもは邪魔なのだ。

 

そのやりとりを、たまたま息子が聞いていて、ものすごい表情で泣きじゃくるのであった。

 

そして、その後、彼は行方不明になる。

 

警察やボランティアが出動し、一生懸命探すのだが、息子はなかなか見つからない。

 

さて、どうなるのだろうか・・・

 

というのがこの話の概要。

 

(この後、ネタバレありのため注意)

 

☆☆☆

 

まず思ったことが

 

子どもがかわいそう

 

ということ。

 

自分の子どもをお荷物だと思ってしまう親。ありえないだろう。

 

この子どもは、夫婦の犠牲者だ。

 

愛のない夫婦に、愛情をかけられずに育てられてきたのだろう。

 

こういう子どもが一番不幸だ。

 

また、世の中を見ると、お荷物扱いされるのは子どもだけではない。

 

おじいちゃんやおばあちゃんもそう。障害のある方もそう。病気で動けない方もそう。

 

人間扱いをされない方々。

 

本当に不幸だ。

 

そんな方々が、一定数いるということは否定できない。

 

☆☆☆

 

さて、話を戻すが、この夫婦。別れて新しいパートナーと暮らすことになったのだが、幸せを勝ち取っただろうか。

 

映像を見る限り、幸せそうには感じない。

 

最初の結婚相手が悪かったのだと思ったのだが、どうやら、ボリスとジェーニャたちそれぞれ自分自身が悪いのだと思う。

 

自分の幸せだけを考える人に本当の幸せはやってこない

 

私はそう思う。

 

自分の心だけを満たすことなどできない。

 

一緒にいる相手の心を満たそうとすることで、自分の心が満たされるのだ。

 

幸せになれない人は、「相手に恵まれない」と考える。

 

幸せになれる人は、「相手を満たそう」と考える。

 

そんなところだろう。

 

だから、この映画に出ていた夫婦は、どんなにパートナーを替えようと「ラブレス(愛がない)」のままなのだと思う。

 

自分の幸せだけをつかもうとする人は、幸せが逃げていくのだ。

 

映画「ラブレス」を観てそう思った。